日焼け止めクリームの塗り方

日焼け止めクリームの塗り方

 

夏だけに限らず一年中欠かせない日焼け止めクリームですが、日焼け止めクリームによって肌荒れや痒みをおこしてしまうような敏感肌の方におすすめしたいです。

 

 

日焼け止めクリームの塗り方

 

日焼け止めクリームには、一般的に紫外線吸収剤を使用したタイプのものと、ノンケミカル、又は紫外線吸収剤不使用と書かれたタイプのものがあります。
伸びが良く、肌の上で伸ばすと透明になるクリームが紫外線吸収剤を使用している日焼け止めクリームが多いです。紫外線吸収剤を使用している日焼け止めクリームは、肌の上で化学反応を起こして日焼けすることを防止するので、肌への負担が大きく、敏感肌の方は特に、肌が赤くなったり痒くなったりと肌荒れを起こしてしまったりすることがあります。
もう一方のノンケミカル、又は紫外線吸収剤不使用と書かれた日焼け止めクリームは紫外線を反射させることで日焼けを防止するので、敏感肌の方でも肌への負担が少ないのです。
しかし、ノンケミカル、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームの中には白浮きするものが多く、そのままメイクをするとせっかくのメイクが不自然な雰囲気になってしまいます。
そこで、白浮きをせずに紫外線吸収剤の肌荒れと紫外線から肌を守る為に、メイクをする前の日焼け止めクリームを塗る際に、まずは初めに紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームを塗ります。そしてその後に伸びが良く、塗ると透明になりやすい紫外線吸収剤の入った日焼け止めクリームを重ねます。
すると、不自然な肌の白浮きもなくなり、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームで肌も守られて肌荒れもしなくなります。

 

 

日焼け止めクリームの量

 


ノンケミカル、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームを塗る際は、先に塗る化粧水や乳液をしっかりと肌に浸透させてから塗るようにしないと、ムラになりメイクの完成までムラが目立ちます。
きちんと浸透させてから、いつもより少しだけ少ないかな?と思うくらいの量の日焼け止めクリームをぬります。
重ねて日焼け止めクリームを塗るので、どうしても肌が重くなってしまうからです。
2種類の日焼け止めクリームの量を、いつもより少しだけ減らして塗るだけで大丈夫です。
日焼けはしたくないけど、敏感肌で、日焼け止めクリームを塗ると肌荒れを起こしてしまう方に是非試していただきたいです。