乾燥気味の大人の困ったお肌

乾燥気味の大人の困ったお肌

 

乾燥気味の大人の困ったお肌

 

アラサーにとって、天敵なのは乾燥。昔は顔がテカルのが悩みで、あぶらとり紙をよく重宝していたのが、今ではあぶらが足らない。ニキビも実は乾燥からくる吹き出物だったり、化粧がいまいちのらなかったりと、乾燥って本当厄介です。

 

 

まず大切なのはクレンジング

 

クレンジングはオイル配合だと洗い流した後に乾燥気味になりやすいので、クリームタイプかジェルがおすすめです。洗顔も、スクラブ系など刺激が強いものより、お肌に優しいものを選び泡立てて優しく洗顔します。洗ったあとは、とにかく保湿が。風呂上がり、洗顔後はお肌から良い菌も全部洗い流され無防備状態。タオルで拭くというよりタオルをあてる感覚で水気をとりすぐ化粧水をぬります。化粧水は特にこだわりはなく使いやすいもので良いとおもいます。時間のある時は、少し安価のたっぷり使えるような化粧水をコットンに染み込ませ顔パックをすると良いと思います。パック後は、保湿性の高い乳液でお肌を乾燥から守ります。ただし、ぬれば良いという訳ではないので、つけ過ぎには注意です。手のひらで顔に浸透するように、ゆっくりとケアしていきましょう。朝の洗顔は、あまり石鹸で洗い過ぎないように、ちょっと汗をかいた時などその日の状態に合わせることも大事ですが、基本はぬるま湯のみで洗うのがベストです。洗ったあとは、もちろん化粧水でさっぱりめに保湿をします。日焼け止めや、パウダーも、最近では、保湿成分が多く含まれているものもたくさんあるので、そちらを使います。また、出先でも、ちょっとした乾燥に対応できるよう小さなスプレーに化粧水を入れておくとベストです。夏は、冷房、冬は暖房で乾燥もするので、気になった時にすぐ保湿できるのは大切です。

 

化粧水をコットンに染み込ませ顔に貼る顔パックに関しては、時間を置きすぎると逆効果なので、3分程度にしましょう。