肌のスキンケア工夫

肌のスキンケア工夫

 

ニキビや吹き出物が出やすい乾燥肌の方に。
女性なら誰もが使う化粧水や乳液の付け方について、お手持ちのスキンケア用品を使ってできる、スキンケアの自己流の工夫です。

 

 

ニキビケア方法

 

 

  1. 泡だてネットを使ってふわふわの泡で顔を洗う
  2. 朝もきちんと洗顔料で洗って寝ている間の皮脂汚れを落とすことが大切
  3. 洗顔後、化粧水、乳液の2種類は確実に使用して肌を保湿する
  4. 顔を洗った後に拭くものはティッシュがオススメ。タオルなどは雑菌や繊維が顔についてしまうため。また、洗った後はケータイやスマホなど菌がついているものは触らずすぐにティシュで拭き、すぐに化粧水、乳液で保湿する。
  5. ニキビができる理由は菌が繁殖するというものが多いため、4に記載したことのようになるべく自ら菌をつけることはせずにマッサージを行い、老廃物を流しながら保湿することをオススメする

 

朝は時間がない方が多いと思うので夜、寝る前に丹念に行うことが良いと思われる。マッサージ方法としては

 

(1)化粧水はコットンやご自身の手を使用してしっかりと肌に浸透させる。自分の肌の状態を知るためにも、手で浸透させることをオススメします。

 

(2)乳液はたっぷりと手に取り、顔全体に塗る。

 

(3)おでこから鎖骨まで、顔のラインを通って流す。

 

(4)瞼から、顔のラインを通って流す。

 

(5)顎、口上、おでこまで手を滑らせて顔のラインを通って鎖骨まで流す。

 

(6)顎の関節から鼻まで手を滑らせ、そこからそのまま横にスライドさせ、顔のラインを通って鎖骨に流す。

 

これで異常になりますが、マッサージし終わった際に、乾燥肌の方の場合は乳液が首から鎖骨までに伸びているので、もう一度軽く付け直すといいと思います。

 

 

工夫のメリット、デメリット

 

 

  1. メリット目の部分、5の(4)の部分を重点的に行うことで二重になる可能性があります。私も事実これで二重になりました。また、顔のマッサージを毎回行うため、顔のむくみがなくなり、フェイスラインも綺麗になる可能性もあります。
  2. 時間がかかるので続けることは大変だと思います。また、乳液を多く使うので普段より早く減ると思うので、金銭的な問題も発生してしまうので、毎回の美容にかける予算が決まってる方の場合は少し安価なものに変える必要があるかもしれません。